Peasui 改善

【エアークリーナーが燃費向上と地球環境をよくする】
燃費向上をさせるには、エアコンのフィルターを1ケ月間掃除をしなければ電気消費量が上がるのと同じで、 車のエアクリーナーを掃除または交換するだけで燃費が向上し、走りも機敏になります。 排ガス測定をすると CO(一酸化炭素) H C(炭化水素) CO2(二酸化炭素) の項目 がデジタル数値と なって出てきます。
COは、一酸化炭素で、人体には大変有毒なガスです。 密閉した駐車場などでエンジンを掛けたまま寝てしまうと一酸化炭素中毒で死亡するケースも多 発しています。
HCは、炭化水素で、簡単に説明するとガソリンの燃え残り。と表現するのが無難なものです。 CO2は、二酸化炭素。国民的プロジェクト「チャレンジ25」の運動があるように、地球温暖化 と因果関係が深い温室効果ガスですが、人体には無害です。
排ガス測定を行なうと、車のメンテナンス状態によって燃費のいい車か、燃費の悪い車かを判別することが できます。 COの数値が高い車は、酸素が不足しているために数値が上がりますので、COの多い車は酸欠状態。 HCの数値が高い車はガソリンを燃焼しきれずにマフラーから排出しているので、燃費が悪い。 といえます。
CO2は、温暖化に繋がるガスですが、上記のCO、HCが減るとCO2は増えますが、完全燃焼になれば 高くなるので一時的にはCO2は増えますが、燃費が向上する分、CO2の総排出量は減ることになります。 COとHCに大きく関わるのが『エアクリーナー』です。
ですから、エアコンのフィルターを1ケ月間掃除をしなければ電気消費量が上がるのと同じで、車のエアク リーナーを掃除または交換するだけで燃費が向上し、走りも機敏になります。ピースイはエアクリーナーに 施工する商品です。ピースイをエアクリーナーに施工する事により、空気の粒子をクラスター化する事によ り、更に燃焼効率を上げ、更なる燃費改善、走りも機敏になり、環境も守るという訳です。

スプレーを使用したエアクリーナーを通過する空気の分子集団が特別に調合された自然素材の作用で細分化されます。
細分化された空気の分子は細かく燃えやすい状態として燃料と結びつくので、燃焼効率が改善されます。 エンジン内に噴霧される燃料が100としたら通常は95~98くらいしか燃えません。 それが上記のような作用で100近くまで燃焼させる事で、排ガス・パワー・燃費を改善します
※基本的に効果は遅効性で現れてきます。
理由 ECU(燃料と空気の混合比を調整するコンピューター)の学習と、既にエンジンやマフラー内に 溜まっていた黒い汚れのカーボンスラッジがPeasuiの効果で燃焼効率が改善することで落ちてくるための、時間が必要です。
(車種により効果が出るまで1,000Km程度走行が必要な場合があります。)

エアクリーナーやボンネット裏の遮音材などにスプレーすることで、車の調子を改善する【カーサプリメント】
継続的に使用して行くと車の調子がより改善されて行く不思議なスプレーです。(日本自動車技術協会でのカーボンバランス法テストにより燃焼効率の改善を確認。)

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る