ERM(全社的リスク管理)

全社的リスクマネジメント(ERM : Enterprise Risk Management)

全社的リスクマネジメント(ERM : Enterprise Risk Management)は、企業にとってのリスクを把握、管理するために、経営陣から全社員まで企業全体でリスク管理を行うプロセスです。リスクは企業目標の達成するのに影響を及ぼす、或いはその目標を阻害する、戦略の遂行を妨げる要因と定義づけされることから、効果的なリスクマネジメントは、企業目的の達成に対する重要なサポートになると考えられています。
ERM(Enterprise Risk Management)は、企業が直面する重要経営リスクを全社的に統合管理するリスク管理プロセスで全社的な観点で重要リスクを認知し適切な受容限界内で管理し、企業の事業目標達成のための効果的な対応方針を確立及び実施するプロセスを通して行われます。
リスク管理体系をより効果的・効率的にサポートするRFinderERMは、企業の重要リスク認識及び評価、重要リスク指標(KRI)、早期警告システム機能、リスク計量化をすべてサポートして、経営陣が企業の全般的なリスク管理状況のモニタリング可能で報告を受けるようにサポートします。
ERM(EnterpriseRiskManagement)とは、事業体の取締役会、マネジメント及び他のスタッフの全てが関与するリスクの総合的なプロセスであり、事業体全体の戦略策定にも関連している。
事業体へ影響する可能性のある事象を識別し、事業体のリスク選好に応じて総合的にリスク管理を行い、事業体の目標達成に関して管理的な保証を提供することを目的としている。
これまでは部署毎に個別にリスク管理を行っていました。一方、ERMではリスク管理を全社共通のルールに基づき、企業の戦略にあわせて、リスクの識別、評価、統制活動、モニタリングを行います。内部統制の後、ERMへの取り組みが注目されています。
経済産業省企業行動の開示・評価に関する研究会「コーポレートガバナンス及びリスク管理・内部統制に関する開示・評価の枠組について」より

リスク管理の必要性

企業を取り巻く内外の環境が大きく変化し、それに伴いリスクが巨大化、複雑化し、従来行なわれてきた個別的なリスクマネジメントでは、リスクに適切に対応できないことが次第に認識されるようになってきており、リスクを全社的な視点で管理するERM(Enterprise Risk Management全社的リスクマネジメント)構築の必要性が高まってきています。
事業環境の不確実性の増加により、潜在リスクを適切に管理/対応できなかった企業では、深刻な損害をこうむっています。そのため、今後リスク管理の必要性が増大されている。

2004年9月に米国のCOSO(Committee of Sponsoring Organizations of the Treadway Commissionトレッドウエイ委員会支援組織委員会)からERMのフレームワークが公表されました。以来、リスクを全社的に管理することにより企業価値を向上させる有力なツールとして、ERMは注目を集めております。

ERMは、企業のさまざまなリスクの識別、評価、対応、モニタリングを可能にし、リスクの統制活動に貢献します。
経営者は、全社的にリスク管理状況を一目で把握することが可能になります。さらに、危機管理プロセス(パンデミック対応)も実装しております。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る