遠隔(無線)システム 「iBIM SYSTEM」

鉛蓄電池無線モニタリングシステムiBIM】とは!

鉛蓄電池は自動車をはじめ、UPSやフォークリフトなど様々な機械設備に使用されております。

特に企業・公共機関・医療機関様にとって大変重要な設備の一つであり、通信設備や病院、半導体工場など、運用停止が社会に対して多大な影響を与える重要設備であります。

iBIMは重要な鉛蓄電池の充電状態、劣化状況などをリアルタイムでのモニタリングを可能となるよう、開発いたしました。

また、鉛蓄電池の交換時期や残存寿命などを予測することにより、最適な非常用電源の状態を実現することが可能となりました。

iBIMを導入することにより、鉛蓄電池の最適な配置及び緊急時の瞬断を未然に防ぐことにより、安定した社会を実現します。

これが、Battery Management Systemです。

 

iBIM導入期待効果

アイビシステムを鉛蓄電池に設置することで、モニタリングの効果に通じて蓄電池の劣化状態を速やかに選別把握し、不良及び劣化などの異常蓄電池を交代、停電による業務事故及び中断のリスク管理ができ、非正常の鉛蓄電池を速やかに交代することで既に設置されている鉛蓄電池をより長期間で効率的に使用可能し、企業の費用節減でも効率的です。

iBIM システムのモニタリング効果

 

iBIM 構成図 UPS

– 通常時には鉛蓄電池の電極板に結晶かされた硫酸鉛を除去及び分解する。

– ワイヤレス通信を通じ、リアルタイムで計測(電圧、内部抵抗)を行い管理する。

 

iBIM 構成図電動ゴルフカート】

– ゴルフカート受電中には鉛蓄電池の電極板に結晶かされた硫酸鉛を除去及び分解する。

– ワイヤレス通信を通じ、リアルタイムで計測(電圧、内部抵抗)を行い管理する。

 

iBIM モニタリングメイン画面

-鉛蓄電池の電圧をリアルタイムモニタリングが可能。

-鉛蓄電池の内部抵抗値をリアルタイムモニタリングが可能。

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る